ブリーフィング×ユナイテッドアローズの3wayバッグ【リュック】

シンプルなファッション

ビジネスシーンでもリュックタイプが増えてきましたね。

私もビジネスではリュックタイプを使用しており、負担の軽さや両手が空くなど便利すぎて他のタイプに戻れなくなっています。

今回は私が現在、使っているバッグ

「BRIEFING×UNITED ARROWS 3way ブリーフバッグ」

をご紹介します!

スポンサーリンク

「BRIEFING×UNITED ARROWS 3way バッグ」の特徴

ビジネスシーンに馴染むオールブラックカラー


ブリーフィングの特徴である赤いステッチ、ロゴをなくしたオールブラックのカラーリング。
それでも中央のウェビングテープで、ブリーフィングということは一発で分かります。

オールブラックにより、カジュアルさがおさえられ大人っぽい雰囲気に仕上がっているので、カチッととした職場の方でも使っていただけるかと思います。

全6ヵ所のポケット

マチのついたフロントポケットが2ヵ所。サイズは20cm×20cm程度。
鍵、定期など頻繁に出し入れするものを入れています。
L字に開くので出し入れはとても楽。

中の背面にはパッド入りでPC等がいれられるポケット付き。

中面フロントポケット側にはジップ付のポケットが3ヵ所。
上部が幅約40cm・高さ約22cm(底からジップまで)。
下部が幅約20cm・高さ約15cm(底からジップまで)が2ヵ所。

頑丈なバリスティックナイロンを使用

バリスティックナイロンは軍用品でも使用されていて、高い耐久性を持ちます。
糸や繊維の太さを表すデニールという単位がございますが、ブリーフィングで使われているのは1050デニール。通常のナイロンの約5倍の耐久力とよく言われています(どのナイロンを通常としているかは不明ですが・・・)。
バッグは、日々いろんなものを持ち運び、出し入れするものですので耐久性は非常に重要かなと思います。

見た目も、目の粗さがいかにも頑丈そうでミリタリーライクな点がデザイン的にもかっこよく、良い物だというのを感じさせてくれます。

長く愛用するのにもってこいの素材ですね!

3way仕様


①手持ち
②ショルダー
③リュック型

の3way仕様です。
私は基本的にリュックで使用し、タイミングによって手持ちするといった使い方をしています。見た目の好みでショルダーで利用したことはないですが、物の出し入れのしやすさはショルダーが一番良さそうですよね。

リュック型でよかったことは

・雨の日に傘が持ちやすい
・スマホがいじりやすい
・仕事帰りにスーパーで買い物した際の袋が持ちやすい
・負荷を両肩で分散できる(最近ガジェットも増えてきて重いので・・)
これだけ十分メリットだと思います。
強いて言えば、電車に乗る際に定期を出すのにひと手間かかっていますが、大した手間でないのとスマホのウォレット機能で解決はできるためメリットが上回るかなと感じています。

使用感


容量はPC、バッグインバッグ、ガジェットケース、折りたたみ傘、手帳、飲料などいれるには十分です。ただ、多くの書類を持ち運んだり、冬にはマフラーや手袋を入れるなど+@については、何とか入るがギリギリといった感じで余裕はあまりない印象です。個人的にはもう少し容量がほしいなと感じています。容量重視の方はビームスとコラボの3wayの方が良いかもしれません。

使っていて満足しているのは、フロントポケットもメインの収納部も大きく開く出し入れのしやすさと、ブリーフィングのアイテムで、かつビジネスシーンにも馴染むオールブラックのデザイン性かなと感じています。

まとめ・ポイント

・出し入れのしやすいポケット
・頑丈でミリタリーライクなバリスティックナイロン
・3way仕様。とくにリュック使いの利便性は高い。
・オールブラックのデザイン性
定価は税込63,800円と高価ではありますが、
前提として、ミルスペックがブリーフィングのアイテムの魅力だと思います。それゆえ、非常に物持ちのよく、無骨な見た目のカッコよさがあります。見る人がみればパッと見で分かりますし、そこにこだわりを感じさせられる物ですので十分な価値はあると思います。
ブリーフィングの3wayバッグは、様々なタイプが発売されていますので是非比較して、ご自身に合ったものを使ってみていただければと思います。
その他にもブリーフィングのアイテムをご紹介しています。

▼ご紹介したバッグにちかいデザイン、使い勝手のバッグはこちら▼

コメント