あったら便利はなくても平気【満足度の低い買い物を避ける方法】

ネットショップや、街のアパレルショップで商品をみていると

あったら便利そうだな…

この服セールになってる!

ですが購入した結果、ほぼ使わない、あまり満足できなかった。

そんな経験もよくあるかと思います。

本記事では、あったら便利は買わない方がよい理由と、満足度の低い買い物はどうやったら回避できるのか。

その方法についてご紹介します。

目次

あったら便利は買わない方がよい理由

結果的になくても平気であることが多い。

これに尽きます。

家の中に1、2回程度使ってそのままのものはありませんか?

パッ見渡すだけでも1つはあるのではないでしょうか。

私も最近はだいぶ減ってきましたが、これまでの買い物の中ではヨガマットやバランスボールなどの健康グッズ、コーディネートしにくい衣類などいくつもありました。

こういったものを買う時は、自分が使っている瞬間の画はなんとなく浮かんでいるものの、頻度や優先順位、使う際の手間の大きさなど具体部分が見えていないことが多いです。

もちろん、誰もそうなることを分かっていて買うことはないと思いますし、そうならないように意識して購入すると思います。それでもその意識をすり抜けて買ってしまう場面って意外とあると思います。

このような満足度の低い買い物はどうやったら避けられるのか。次でご紹介いたします。

満足度の低い買い物を避ける方法

購入目的にズレはないか

目的のない買い物は基本的にありません。

ただし、知らず知らずに目的がズレてしまうことはよくあることです。

例えばセール時。

お店には多くの人が訪れ商品を抱えている、ネットショッピングでも意欲を掻き立てるフレーズが溢れている。

そして定価と比較し、その金額差から財布の紐がゆるむ。

そして、後でなぜ買ったかを自問自答してみると当初の目的とズレて「安いから」や「今買わないとなくなるかも」に変わってしまっている。

これを避けるには目的はズレる可能性があることを知り、買い物をする前に目的を明確にすること。悩みや不便に感じていることが具体的にあってそれを解決するためであれば、目的もズレにくいでしょう。

使う場面を具体的または複数想像できるか

使う場面を具体的に想像する。

誰が、どの場面で、どのように使っているか。

これは最低限、鮮明な画が浮かぶ必要があります。

あるいは、複数想像できるか。

例えば衣類の場合は、手持ちのアイテムとのコーディネートが複数浮かべられるか。

着用頻度を少しでも担保するため、3パターンくらいはさらっと出てきてほしいですね。

自分軸で必要な物か

人が持っているものや流行っているものが欲しくなることってありますよね。

欲しいと思うきっかけとしては全然問題ないと思います。

注意したいのは、決める理由が自分軸であるか他人軸であるかです。

あの人が、もしくはみんなが持っている。持っていたら人から反応が得られるかも。

そういった他人の目線に合わせて買った、満足度が得にくいものです。

購入前に少し立ち止まり、自分にとって必要か確認する。

それだけで随分変わります。

他人の目線がなくなると余計に生活水準が上がることも減ります。

その結果、貯金も増えやすくなりますので多くのメリットがあります。

悩む場合は一旦時間をおく

具体的な使い道もイメージできず、本当に必要かは分からない。

そんな時は、一旦見送る方がおすすめです。

必要か明確でないものはなくて困ることはないです。

後々、冷静になった上で必要性が見出せたら購入すればよいのです。

満足度が高かった買い物

私が特に満足度の高かったものは、日頃の悩みが解決し、自分だけでなく家族のためにもなるものです。

その一例をご紹介させていただきます。

山崎実業 歯ブラシスタンド

悩み前は置き型のものを使用していたが、底が汚れやすく衛生面で気になっていた。
場面歯磨きの際に、家族みんなが使用。
頻度毎日(歯ブラシ収納し、常時機能)

今の悩みを解決するのにぴったりのアイテムでした。

歯ブラシが時々落下することがデメリットはありますが、常時衛星を保てるメリットが上回り満足しています。

Anker マグネット式ケーブルホルダー

悩み充電した後の、ケーブルが床に転がりっぱなしの状態であった。
場面スマホ充電終了時、家族みんなが使用。
頻度毎日(ケーブルを収納し、常時機能)

本体の設置は、両面テープ、マグネットどちらでも可能です。ケーブルがすぐ取れて、すぐ定位置にセットできるので本当に使いやすい。おかげで、見た目もだいぶスッキリしました。

Anker Eufy RoboVac 11S(ロボット掃除機)

悩み子供が生まれて、今まで通りの家事の時間が取れなくなった。
場面設定した時間に自動的に起動して清掃。
頻度毎日

目的である時短効果はしっかり得ることができました。

小さな段差もちゃんと乗り越え、吸い取ってくれます。

ただし、音はそこそこしますので、時間設定する場合は影響のない時間にしておく必要があります。

私が購入したのはそこまで多機能な物ではなく、空間を把握して清掃箇所をコントロールしたり、スマホアプリに対応していないもので価格が比較的安い物です。

これまではロボット掃除機を使っていなかったため、高性能でなくても満足できました。

もし他も確認したい、もっと性能が必要と言う場合はAnker公式サイトをご覧ください。

あったら便利は買わない方がよい理由|まとめ

本記事では、あったら便利は買わないほうが良い理由と、満足度の低い買い物を避ける方法を4つご紹介しました。

  • 目的にズレはないか
  • 使う場面を具体的または複数想像できるか
  • 自分軸で必要なものか
  • 迷ったら時間を置く

買い物しようと思い立った時、購入する直前にこれらを意識して確認すること。

それだけで買い物の失敗は減らせます。

面倒でも、せめて目的だけは見失わないようにして満足いく買い物をしていきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代のサラリーマン。
生活の質を高める便利グッズや趣味のファッションアイテムの紹介。お金が自然と貯まっていく暮らし方を発信。
資産形成は投資・節約を地道に積み上げ、アッパーマス層に到達。

コメント

コメントする

目次
閉じる