【ブリーフィング】 コインパースMW・キーケースMWの使い勝手比較

BRIEFINGでコンパクトにカードや小銭を収納できる

「COIN PURSE MW」と「KEY CASE MW」

両方使用してみての比較と筆者のおすすめを紹介させていただきます。

目次

比較

商品スペック

ブリーフィング コインケース キーケース

名称 COIN PURSE MW KEY CASE MW
サイズ 幅11.5cm×高さ9.5cm×厚さ1cm 幅7cm×高さ11.5cm×厚さ1cm
重量 約30g 約40g
カード入れ 有(内・外2か所)
小銭入れ
お札収納 可(2つ折り) 可(3つ折り)
Dカン
価格(税込) 3,850円 4,950円

カード入れ

ブリーフィング コインケース 内部写真 ブリーフィング  キーケース 内部写真
コインパースの方がゆとりのある設計になっており、写真はまだまだ余裕があります。キーケースは収納部にマチがないため、収納量に圧倒的な差があります。取り出しやすさもコインパースの方が出し入れがスムーズですね。

ブリーフィング キーケース カードポケット
キーケースには外側にもカードポケットがあります。こちらを含めてもコインパースの方が収納量は多いですが、ジップ等の開け閉めなくダイレクトにカードにアクセスできる点は使いやすいポイントだと思います。

小銭入れ

ブリーフィング コインケース 内部 ブリーフィング キーケース コインポケット内部
小銭入れもコインパースの方が収納量が多く、取り出し口が大きいので使いやすいですね。キーケースはマチがなく取り出し口も狭いため、出したい小銭に辿り着きにくいです。

Dカン

ブリーフィング コインケース キーケース キーリング
D型のリングはどちらにも付いています。キーケースにはリングも付いており、名前の通り鍵を付けるのに適した形状になっています。コインパースもDカンに鍵を付けようと思えば付けられますが、鍵を収めるところもなくデザイン的に不格好になりますね。

まとめ

コインパースは
「容量」「小銭の取り出しやすさ」

キーケースは
「鍵もひとまとめ」「外側カードポケットのダイレクトアクセス」

がそれぞれメリットとなります。

より詳細なレビューはこちらをご覧ください。

筆者は両方使用した結果「KEY CASE MW」を使っています。
一番メリットに感じるのは「鍵・カード・小銭」をひとまとめに収納でき、持ち物がコンパクトになること。小銭入れが使いにくいデメリットがありますが、小銭を使う機会も少なくなっていますし、カードも4~5枚程度なのでそこまで大容量の必要もありません。
メリット・デメリットが筆者の用途にうまく嚙み合ったアイテムで今後も愛用していくつもりです。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

長く使用しているアイテムを中心に紹介。
カラーはブラックが多い。
BRIEFING、JALAN SRIWIJAYAを愛用。

コメント

コメントする

目次
閉じる